存在を知らないで大損する人が多い

記事 トカナ 最新

🖐 それらを方程式、もしくは概念化することで、抽象的ではあるものの存在を認めることができるわけですから。 ワクワクしますよ。 明らかに普通のものではないことは分かるんですけど、毎日その蛍みたいなのが家に来るらしくて。

14

天才ハーバード大教授がトカナの質問にガチで答えた! 人工知能、超光速… 最新科学をリサ・ランドールが語り尽くす! (2016年7月6日)

記事 トカナ 最新

😍 腰を据えてじっくり問題に取り組まなければならない時と、家事をしなければならない時とは、分けて考えるようにしています。 1993年の春分の日、メキシコシティから北東へ45キロの地点にある、古代マヤ文明の「テオティワカン遺跡」の太陽のピラミッドで行われた儀式の際に、事件は起こった。 かつて日本では、エドガー・ケイシー、ジーン・ディクソン、ノストラダムスが「世界三大予言者」と言われていたほどだ。

16

2019年に日本沈没、バチカン崩壊、人類滅亡、ネッシー発見…! 「エドガー・ケイシーの予言 最新版」が本気でヤバすぎる!

記事 トカナ 最新

💓 母船の動画はまだ見てないんですけど、たしかに偵察機は本物だと思います。 謎解きもしてくれる• 角:結構、大真面目に研究しているみたいですよ。

17

角由紀子(TOCANA編集長)(Rooftop2018年1月号)

記事 トカナ 最新

😚 ケイシーが予言したように、今後、ドローンを使った暗殺やテロ行為が急増する恐れがある。

1

【オカルトまとめ最新版】オカルトサイト管理人が厳選!マニアックで読みやすいおすすめオカルトサイト6選

記事 トカナ 最新

💅 このモアイ像は島全体で約1000体もあり、最も大きいものは高さ20メートル、重さ90トンにも達する。

天才ハーバード大教授がトカナの質問にガチで答えた! 人工知能、超光速… 最新科学をリサ・ランドールが語り尽くす! (2016年7月6日)

記事 トカナ 最新

😗 地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など、知的好奇心を刺激するニュースサイト「TOCANA」。 トカナで扱っている火星話は「かつて火星にはたくさんの生命体がいた」「核戦争も起きている」「生物の化石が発見された」「既に人間は火星に行っている」というようなものですが、意外とホントかもしれませんよ。

17

2019年に日本沈没、バチカン崩壊、人類滅亡、ネッシー発見…! 「エドガー・ケイシーの予言 最新版」が本気でヤバすぎる!

記事 トカナ 最新

🙄 恐竜の絶滅に「ダークマター」の力が関与していた可能性について論じた新著『ダークマターと恐竜絶滅』(NHK出版)が大きな話題だ。

5

【オカルトまとめ最新版】オカルトサイト管理人が厳選!マニアックで読みやすいおすすめオカルトサイト6選

記事 トカナ 最新

📲 研究の場から一時的に離れることもできますから。 刺激が強すぎるものもある• まさしく人類は殺人ドローンで滅亡の危機にさらされているのである。

3

角由紀子(TOCANA編集長)(Rooftop2018年1月号)

記事 トカナ 最新

💅 オカルトサイト:超常現象の謎解きのおすすめ記事 読みやすくてオススメだなと思ったのは、モアイの記事。 オカルト界の(事は一応多めに更新する)ニュースサイトと言うような位置付けのような気がします。 大学生グループが冬山の峠でキャンプする。

13