東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震|ニフティニュース

大震災 余震 回数 東日本

😍 日本気象協会の地震情報です。 0以上 2011年 3月 466 71 3 4月 56 10 2 5月 29 1 0 6月 17 4 0 7月 19 4 1 8月 11 4 0 9月 18 3 0 10月 4 0 0 11月 4 1 0 12月 3 0 0 2012年 1月 10 0 0 2月 9 1 0 3月 15 2 0 4月 10 1 0 5月 16 2 0 6月 4 1 0 7月 1 0 0 8月 6 0 0 9月 2 0 0 10月 7 1 0 11月 6 0 0 12月 17 2 1 2013年 1月 4 0 0 2月 2 0 0 3月 2 0 0 4月 9 1 0 5月 3 1 0 6月 1 0 0 7月 8 0 0 8月 2 1 0 9月 1 0 0 10月 8 0 1 11月 3 0 0 12月 9 0 0 2014年 1月 4 0 0 2月 4 0 0 3月 2 0 0 4月 4 0 0 5月 1 0 0 6月 3 0 0 7月 2 0 1 8月 1 0 0 9月 2 0 0 10月 1 0 0 11月 3 0 0 12月 1 1 0 2015年 1月 2 0 0 2月 8 3 0 3月 3 0 0 4月 3 0 0 5月 2 1 0 6月 5 0 0 7月 1 0 0 8月 5 0 0 9月 2 0 0 10月 2 0 0 11月 2 0 0 12月 0 0 0 2016年 1月 1 0 0 2月 2 0 0 3月 0 0 0 4月 2 0 0 5月 0 0 0 6月 3 0 0 7月 2 0 0 8月 7 2 0 9月 1 0 0 10月 2 0 0 11月 11 1 1 12月 4 1 0 2017年 1月 3 0 0 2月 3 0 0 3月 1 0 0 4月 1 0 0 5月 0 0 0 6月 0 0 0 7月 4 0 0 8月 1 0 0 9月 1 2 0 10月 2 1 0 11月 0 1 0 12月 1 0 0 2018年 1月 1 0 0 2月 1 0 0 3月 3 0 0 4月 1 0 0 5月 2 0 0 6月 0 0 0 7月 1 0 0 8月 2 0 0 9月 2 0 0 10月 4 0 0 11月 1 0 0 12月 2 0 0 2019年 1月 2 0 0 2月 1 0 0 3月 2 0 0 4月 1 0 0 5月 1 0 0 6月 1 0 0 7月 0 0 0 8月 2 0 0 9月 0 0 0 10月 0 0 0 11月 3 0 0 12月 2 0 0 2020年 1月 1 0 0 2月 4 0 0 3月 0 0 0 気象庁は震度3以上を「地震情報」として発表していたが、活発な余震活動が続いているとして、2011年以降は「地震情報(その他の情報)」として震度1以上の回数も併せて発表した。

4

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震 (2021年2月26日)

大震災 余震 回数 東日本

😆 逆:逆断層• 9の地震 震度 都道府県 市区町村 6弱 長野県 栄村 5弱 長野県 野沢温泉村 2011年3月12日5時42分ごろ長野県北部を震源とするM5. 気象庁、2011年5月1日閲覧。 6 平成23年3月11日 17時40分 余震 5強 福島県沖 6. 5の地震 震度 都道府県 市区町村 5弱 岩手県 盛岡市 2021年以降 [ ] 2021年2月13日23時8分ごろ福島県沖を震源とするM7. 3の地震 震度 都道府県 市区町村 5強 茨城県 日立市 5弱 茨城県 高萩市 2012年 [ ] 2012年1月23日20時45分ごろ福島県沖を震源とするM5. 0の地震 震度 都道府県 市区町村 5強 福島県 いわき市 2011年3月23日7時34分ごろ福島県浜通りを震源とするM5. 9の地震 震度 都道府県 市区町村 5弱 福島県 楢葉町 川内村 2019年8月4日19時23分ごろ福島県沖を震源とするM6. 2の地震 震度 都道府県 市区町村 5弱 長野県 中野市 木島平村 2013年2月25日16時23分ごろ栃木県北部を震源とするM6. 気象庁の資料によると、東北地方太平洋沖地震の震源域周辺でのM4. が、それでも未だに時々余震は発生しており、 回数は減り、規模も全体的には小さいものが増えましたが それでも時々大きな余震が発生することは あります。

いまだに続く東日本大震災の余震、長引く超巨大地震の影響(福和伸夫)

大震災 余震 回数 東日本

🤪 0以上 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 M6. 同県では少なくとも350トンに上ったとしている。 宮城県栗原市などで震度6強を観測し、死者4人の被害をもたらした。 どっちにせよ、大きな地震が発生すれば 余震を誘発する可能性は あるわけですからね。

気象庁|M5.0以上の余震回数

大震災 余震 回数 東日本

♥ 気象庁の推計震度分布図によると、いわき市の一部で震度6強から7相当の揺れがあったとみられる。

16

【図解・社会】東日本大震災の余震回数(2017年3月):時事ドットコム

大震災 余震 回数 東日本

💙 発生日時 震度 震源地 マグニチュード 平成23年3月9日 11時45分 前震 5弱 三陸沖 北緯38度20分、東経143度17分 7. さらに非常用発電機が停止した福島原発で水素爆発が起きました。

大震災から10年経って起きた最大震度6強の余震(福和伸夫)

大震災 余震 回数 東日本

👆 0 5強 内陸 正 NE-SW T 余震 負傷1 2012年 01月23日20時45分 福島県沖 52km 5. 首都圏も揺れて10年前の巨大地震(東北地方太平洋沖地震)の時のような恐怖を感じた人は多かった。 とくに水を含んだ地盤は災害に結び付きやすいです。

20

気象庁|M5.0以上の余震回数

大震災 余震 回数 東日本

⚔ 0以上 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 M7. 濃尾地震の約50年後の1945年には、濃尾地震の震源域の南東側でM6. 7 5弱 余震 2011年 04月11日17時26分 福島県中通り 05km 5. 観測された揺れの強さ 気象庁の震度観測点では、福島県・宮城県の広域で震度6強~6弱の強い揺れを観測しました。

14

東日本大震災から10年…“余震”が引き起こす首都直下大地震|ニフティニュース

大震災 余震 回数 東日本

💋 三河地震は1944年東南海地震の誘発地震とも考えられています。 0は過去に類を見ない大きさであり、発生した津波の規模も大きなものであり、この震災による被害は津波に起因するものが多かったのです。 日本では余震が続いているが、見えなくなってしまうんですよ」(島村氏) 各地で頻発する宏観異常現象 M9という東日本大震災くらい大きな地震だと、余震はやはり100年以上続くと考えられている。

8

「震度6強」宮城・福島の地震は東日本大震災の余震 10年たってもまだ続く: J

大震災 余震 回数 東日本

🤫 0以上 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 M7. 「 」、気象庁、2013年8月5日付。