Zoomのウェビナーとは?料金や登録・招待などのやり方・使い方

パネリスト Zoom

👍 中小企業はもちろん、大企業や行政でのイベント・講演会など規模の大きなものにも対応できるのがZoomウェビナーの特徴です。 Zoomウェビナーの料金 料金はプロ版の契約とオプション「映像ウェビナー」の追加が必要となります。 ウェビナーとは「ウェブ」と「セミナー」をかけ合わせた言葉です。

1

Zoomウェビナーの使い方!参加方法やアンケート機能も紹介

パネリスト Zoom

🤘 チャット:プライベート型とグループ型のパネリストチャット設定があり、参加者とパネリストに合わせて設定できます。 独自のマルチメディア機能とインタラクティブ機能が好評を得ています。 視聴者の関与を維持 Zoomのビデオの高い質と信頼性により、全員がシームレスなエクスペリエンスを得られます。

18

ビデオウェビナー

パネリスト Zoom

☺ ウェビナー機能の使い方 Zoomウェビナーは、Zoomミーティングの有料ライセンスと同時に申し込むか、有料ライセンス取得後に追加契約をすることで利用できます。 ウェビナーを使うことで画面・音声の共有やチャットでの質問受付など様々な機能を利用できる• レポート作成、分析• 一方Zoomウェビナーはホストと視聴者という関係性で構成され、ホストを中心に進行します。

Zoomウェビナーとは?ミーティング機能との違いとメリット解説

パネリスト Zoom

😩 行政イベント• そうするとウェビナーのメニューが選択された状態になっていますので、「ウェビナーをスケジュールする」をクリックします。 ミーティング…参加者全員が画面を共有、ビデオや音声をONにできる。 会社説明会や社内研修• Zoomウェビナーの特徴と活用シーン そもそもウェビナーとは「ウェブ」と「セミナー」を組み合わせた造語で、オンライン上で行うセミナーのことです。

3

ビデオウェビナー

パネリスト Zoom

💙 パネリストと視聴者の招待 続いては、パネリストと視聴者の招待をします。

ビデオウェビナー

パネリスト Zoom

🌏 Zoomにはウェビナーを開く機能がありますが、ウェビナーとは何かという解説と、Zoomウェビナーのやり方についてまとめてみました。 さまざまなセミナーや講義、配信イベントに参加する場合はアカウントを作成しておきましょう。

16

ビデオウェビナー

パネリスト Zoom

💖 招待状タブの 「パネリストを招待」の 「編集」を選択• 一方、有料プランでは時間制限なしで最大100~10,000人の参加が可能です。 挙手機能 上記のように、セミナーや配信イベントに必要な機能はほとんど揃っています。 記録されたデータによるオンデマンド視聴• 参加者同士で顔が見られる。

1